人が変わるコミュニケーションのマインドセット

August 19, 2018

精神科医の樺沢紫苑先生から学んだ、コミュニケーションにおける「マインドセット」を「自分なりに」まとめてみますと・・・

「頑張ること」は、あっても
「無理」をする必要はない。

これ尽きます。

対人関係において、自分を押し殺して、我慢をするコミュニケーションが主な日本人。

日本教育では、個を無視した「無理」を強調して、他人(多勢)を優先するという間違った「協調性」を教えているため、そういったことになるのですが

その常識とも文化とも言える「悪しき風習」は、一度と言わず「一生」忘れてしまって良いでしょう。

わたしは、上記したことを行動に移してからは、人間関係において、ほとんど「ストレスフリー」になっています。

もちろん、すこしのストレスはありますが、そんなものは「多勢に無勢」。大きな楽しみ、喜びの前では、太刀打ちできないものと化しております。

以前に勤めていた会社時代は、毎日「愚痴」ばかり、指図されるばかりで、「能動的」に動くことはない、そして上司からの理不尽な八つ当たりや怒りに、嫌悪感を抱き生きていました。

しかし、マジシャンとなり上記のことを意識し、また会社員となり、マジシャン活動も続ける現在、真逆の人生となり、楽しくてたまらなくなりました。

コミュニケーション力は、これからの時代の要だと思いますが、こんなにも自分を変えるものだとは、思いもよりませんでした。

真剣に「コミュニケーション」というものに向き合って良かったなと思いました。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan