樺沢先生から教わった人脈術が役立っている!

May 28, 2018

こんにちは!マジシャンの田島です。

今日は、ほとんどの時間を「ひとりで活動する」ご職業の方にとって

とても有用な人脈術を紹介したします。

 

そもそも、この人脈術は

わたしが入会している精神科医で作家の樺沢紫苑先生の

「樺沢塾」で習ったものです。

 

そして、実践してみて

すぐに効果が出ているので

シェアしたいと思います。

 

まず、人脈を形成するのに大切なことが

3つほどあります。

 

⒈繋がりすぎない

⒉無理をしない

⒊紹介してもらう

 

これらがとても大切です。

1つずつ紹介していきましょう

 

⒈繋がりすぎない

 

 

現代人にとっては、とても厳しい言葉だと思います。

現在は、スマホの需要が高まったことで

SNSなどで常に繋がっている状態にありますよね。

 

そして、それほど重要でない人とも

たくさん繋がるような時代になりました。

 

つまり、言葉は悪いですが

自分にとっては、付き合わなくていい人と

ムダな時間を費やしてしまうことが増えたのです。

 

ですので、まずは自分にとって「本当に大切な人」

を最高でも「10人」程度にしぼり

その人たちと、密にコミュニケーションをとるように

意識をすることが、良い人脈づくりにつながります。

 

わたし自身、これを意識しだした途端に

さらに良い繋がりが生まれ、お仕事につながりました!

 

 

⒉無理をしない

 

 

これは、わたしからしたら当たり前なのですが

日本人の「忍耐」「我慢」「遠慮」という精神が

邪魔をすることが多いようです。

 

つまり、この人と付き合うのしんどいな。

一緒に仕事したくないな。と思っても

つい、同じ職場だから仲良くしなきゃと

無理をしてしまいがちだということです。

 

わたしは、嫌いな人とは一緒に仕事しませんし

仲良くなろうとはしません。

 

そのおかげで、ストレスなくお仕事をすることが

できていますし、毎日楽しく過ごすことができています。

 

「どうしても、そんなこと無理だ!」

 

というひとは、⒈繋がりすぎない

を理解できていないと思います。

 

自分にとって本当に大切な10人が分かっていれば

繋がる必要がないことに気づくはずです。

 

 

⒊紹介してもらう

 

 

繋がりの濃い10人ができると

その周りにまた濃い10人がいることになります。

 

自分が尊敬し、仲良くなった仲間の繋がりは

信頼できる繋がりとなりますよね。

 

ですから、もし新たな人脈が必要となったら

10人から紹介してもらえば

人脈は、無理なく繋がっていくのです。

 

わたしも、人と繋がる時は

まわりの人の「こんなことできる人いないですか?」

と、どんどん聞くようにしています。

 

そうすると、必要なときに必要な人と

繋がれるようになってきました。

 

 

最後に、人脈形成において

1番重要なことを自分自身が忘れないために

記しておこうと思います。

 

それは、自己成長です。

 

「あんな素敵な人と繋がりたい」

そう思ったら、自分自身がその素敵な人に見合うだけの人格を

持ち合わせていないといけません。

 

ですから、常に「自分を磨き続ける」

その姿勢だけは、忘れないように生きていきたいですね。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan