ブランドとは、なにか?

March 15, 2018

「自分を知る」って、とても大切だな。

 

と改めて思いました。というのも・・・

 

先日、セミナー講師で集まり

各自セミナーを行い、意見交換をしました。

そこで、講師の「田中なほ子」さんから

「パーソナルブランド」についてお話を伺いました。

 

今の時代、価値観が多様化し、情報の洪水化が起きています。

 

必要な情報を取捨選択することも、とても難しくなっています。

しかし、だからこそ、とても大切になっています。

 

そこに必要なのが「パーソナルブランド」です。

 

「ブランド」と聞いても、漠然としか意味を捕らえられていない方が

多いのではないでしょうか?

 

「ブランド」とは、「約束」です。

 

例えば・・・

 

誰もが「高級なバッグ」としてイメージしやすいのが

「ルイ・ヴィトン」だと思います。

 

それは、ルイ・ヴィトンのバッグに確かな品質があり

高級な素材が使われていることを、たくさんの方が認知しているという

信用があるからです。

 

それが「ブランド」というもので、ルイ・ヴィトンの場合

確かな品質のものを提供しますよ。というのが約束となるのです。

 

では、なぜこの「ブランド」を持つことが大切か

と言いますと、ブランドを作るためには以下の3つのステップが必要だからです。

 

⒈自分を知る

⒉言葉にする

⒊人に伝える

 

この1番はじめのステップ「自分を知る」がポイントで

そこでは、実際に自分にあった出来事から

それに付随する感情などを掘り起こす作業を行いますから

 

自分に「何が必要で、何が必要ないか」ということが見えてきます。

 

これにより、情報の取捨選択ができるようになり

同じ価値観を持った仲間とも繋がれて

「コミュニティ」を築くことができるのです。

 

ここで、ある方を思い出しました。

 

そのある方とは「SHOWROOM」の「前田裕二」さんです。

 

前田さんの著書「人生の勝算」では

自己分析を行ったノートが、30冊を越すということを

おっしゃっていました。

 

ハーバードビジネスレビューで

「いま最も注目される20代起業家」に選ばれる人は

誰よりも自分を知っており、自分という「ブランド」が

しっかりと確率しているんですね。

 

世界から注目をされる人になるためにも

それだけの「ブランド力」を身につけて

自己分析を行い、情報を取捨選択できるようになりたいですね!

 

セミナーも受けたことですし

わたしも、いまから自己分析して

自分という「設計図」を作ってきまーす!

 

前田裕二著「人生の勝算」の書評はこちら

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan