習慣化される瞬間って、いつ?

January 28, 2018

あなたは、人に誇れるような「習慣」をお持ちでしょうか?

 

運動や読書、瞑想など「良い習慣」を身に付けたい!

という方は、多いと思います。

 

でも「習慣化」って、難しそうですよね?

 

ランニングを始めてみたけど、三日坊主だった。

読書をしようと意気込んで、買った本は積まれたまま。

早寝早起をしようと決意したが、つい呑み歩いてしまう。

 

そんな経験をされた方が、ほとんどですよね。

 

ところが、わたしは「習慣づくり」が、けっこう得意です。

 

なぜなら、「マジシャンだからです」

 

「どういうこと?」

 

と頭に「?」が浮かんでいると思いますが、すこし思い出してみてください。

 

マジシャンは人を騙すのが得意です。

つまり、自分すら騙せてしまうのです。

 

「脳を騙す」という方が、正しいかもしれません。

 

その「脳を騙す」ということができるおかげで

習慣化するための、ある「コツ」を知っているのです。

 

それは・・・

 

 

 

「すこしからはじめて、たまにサボる」

 

 

 

です。わたしの経験上、これが「ベスト」です。

 

人の脳は、大きな変化には「敏感」ですが

小さな変化には「鈍感」だそうです。

 

つまり、最終的な目標が「1日1冊の読書を毎日続ける」だったなら

毎日、数ページの読書から始めるのです。

 

はじめのうちは、数ページすら「めんどう」に感じると思いますが

数日も続ければ、負担ではなくなるでしょう

 

そして、3週間も続ければ、慣れてきて、読書が楽しくなり

自然と読む量が増えてくるはずです。

 

気づいたら、本に手が伸びていた。

そんな瞬間がくれば「習慣化」された証拠ですね。

 

しかし、思うように読めなければ

しっかり「サボって」ください!

 

たまに、毎日続けて書いていた日記を

1日書き忘れてしまったせいで、自己嫌悪に陥り

書くのをやめてしまう人がいます。

 

続けることよりも、書いたり、読んだり、することによって

得る「気づき」の方が、大切なのですから

 

たとえ、三日坊主だろうが、また再開して

やりなおせばいいのです。

 

10ページ読むと決めていても、辛ければ

「1ページ」だって構わないのですからね。

 

 

 

マジシャンは、観客に「少しずつ」非現実を受け入れさせていきます。

そうして、できた「思い込み」を利用し、観客を「あっ!」と言わせてしまうのです。

 

ですから、あなたもマジシャンになって

「自分を騙す」ことから

はじめてみては、いかがでしょうか?

 

 

 

なんだかワクワクしませんか?

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan