自己洞察力を磨く!

December 16, 2017

「自己洞察力」・・・それは「心」と「体」の状態をモニタリングする能力のことを言います。

 

その「自己洞察力」を磨いていたおかげで、命拾いしました!!

 

というのも、最近・・・

 

流血沙汰を2回も起こしました!!!そう、ミスが増えているのです。

 

先日「マジックショー」では、ホワイトボードの縁で手を切って「流血」

「クリスマス会」では、持ち寄った料理をひっくり返して落とす

今週の火曜には開いた扉の角でこめかみをぶつけて「流血」

 

すごく悲惨な状態です。しかし、自己洞察力を磨いているので「原因」を考えました。そこから見えてきたのは・・・

 

「脳疲労」でした。

 

わたしはマジックバーに勤めているために、「夜働き、朝眠る」生活をしています。そのため、昼に行った「マジックショー」の前日はあまり眠れていませんでしたし、クリスマス会も朝からの参加だったので、前日から調整し6時間は寝たものの、疲労感は残っていましたし、扉でこめかみを切った日は、昼夜の生活バランスを取りきれていませんでした。

 

どの時も、そういえば「疲れ」が抜けてないよな〜。と感じていたものの「放置」してしまっていました。

 

そんな時に、僕の写った画像を見た妻から言われた一言が

 

妻「顔、疲れてるで」

 

私「あ、やっぱりか!」

 

とわたしは思ったわけです。

 

そこで、わたしは精神科医の樺沢紫苑先生の著書「絶対にミスをしない人の脳の習慣」で「自己洞察力」について学んでいたことを思い出し、「疲れ」に気づき「休養」に目を向けて改善していっています。

 

その知識がなく、自己洞察力が低い状態だったら・・・

 

「そうかな?そんなことないと思うけど」

「いや、まだまだ頑張れるよ!」

「これからが勝負だよ!」

 

となってしまい、更に自分を追い込み、過労により「うつ」になったり「入院」したり最悪の場合「自殺」してしまったりしていた可能性があるのです。

 

はい。命拾いしました!

 

今日も「出版記念セミナー」で樺沢先生が大阪にお越しになっていて、セミナーと懇親会で直接「お話」を伺うことができて、さらに「疲れ」をとるための「TODO」が明確になったので、とても助かりました。

 

具体的には

 

・スマホの利用時間を1時間未満に抑える

・最近サボっていた瞑想を行う

・寝る前の2時間は、リラックスに使う

 

です。これらを実践して、これからは絶対に流血しない「たのしいマジックショー」を作っていきます!(笑)

 

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の書評はココをクリック

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan