本の正しい読み方を学ぼう!その②

December 2, 2017

さてさて、「本の正しい読み方を学ぼう!その①」は読んでいただけたでしょうか・・・?

 

ステップバイステップでお伝えしておりますので、必ずご覧ください!

 

今回は、「準備がすべてを決める!集中力を高める準備3ステップ」

をご紹介します。

 

と、その前に読書が長続きしていない人に質問をします。

 

あなたは、本を「キレイに扱い、ていねいに収納してしまう」タイプではないですか?

 

もしそうだとしたら、本を使うのではなく、本に使われているだけかもしれません。

 

本をキレイに読む人の特徴として、初めから1字1句読んでいき、絶対に読み飛ばしをしない人がいます。一見良さそうに感じますが、こういう人に「その本はどういう内容だった?」と聞くと・・・

 

「うん。良かったよ」とか「訳が悪くて、読みづらかった」など

 

ほとんど内容を覚えておらず、まったく中身を理解できていない場合が多いのです。それは、自分がその本を読んで何を得たいのか?という目的が決まっていなかったり、自分にあったレベルの読書ができていないためです。

 

つまり、本を購入し勉強した気になり、本棚にキレイにならんだ本に満足してしまうのです。

 

それは、「正しい読み方」ではありません!「正しい読み方」を身につければ、1回読んだだけで内容は理解でき、欲しい知識が手に入り、記憶にも残るのです!

 

というわけで、絶対に身につけて欲しい「正しい読み方」の第2弾!!

ここから3ステップを紹介していきますよ。

 

⒈表紙を外す

 

これをしない人が多い!!

 

「読んでいる途中にズレる」「破れる」など、読書中にストレスになるのを分かっていても、外さない人が多いです。「読書が続かい原因」になるようなものは1つでも排除していきましょう

 

ストレスが減れば、集中力は高まりますね。

 

ですので、「本の正しい読み方を学ぼう!その①」の3ステップが済んだら、即外してください!

 

以前わたしは、かっこいい「革製のブックカバー」に魅了されてブックカバーを着けて読書をしていました。しかし、その方法では「本の正しい読み方を学ぼう!その①」で紹介したように、表紙を読むことができませんでした。さらに、読書のたびにブックカバーを付け替えるのがとても面倒になり、結局使わなくなりました。

 

よくあるパターンですが、本屋さんでブックカバーをつけてもらってから、本棚にしまうまでカバーを外さない人がいます。思い当たる節がある方は「本の正しい読み方を学ぼう!その①」をご覧ください。

 

⒉ペンを用意する

 

読書をするために欠かせないのが、筆記用具です。「読書家のための必需品」といっても良いでしょう。必ず「ペン」は用意しましょう。

 

なぜかというと、この先紹介する「正しい読み方」では、読書中に本へのメモ書きやアンダーラインを引いたりと必ずペンを使うからです。ペンを使う良い点は「書く」という作業によって「運動野」が刺激され脳が活性化するので、より集中力が高まり、記憶に残りやすくなるからです。

 

ちなみにオススメは「青色のペン」です。青色は、「脳の視床下部」を刺激し集中力を高めてくれるそうです。

 

⒊目的を書き出す

 

ペンはすでにあるはずですから、紙を用意して、本を読む目的を書き出してください。

 

「自分は何が知りたいのか?」

「自分はその本を読んで何を得れるのか?」

「どんな問題が解決するのか?」

 

と自問して書いてみましょう。目的を明確にすることによって、本を読むモチベーションが高まり、集中力も増し、内容を理解するのを助けてくれます。

 

以上の3ステップできましたでしょうか?

 

よし!これでいよいよ本編だ!と思いましたか?

 

実は、本編を読む前のポイントは、まだあります。焦らしに焦らして本編へ突入することで、本を読みたい気持ちを最高に高めるのも「正しい読み方」の1つです(笑)じっくり読書をしていきましょう!

 

次回は、「まとめる力が理解を助ける!本編突入前にしておきたいこと」を紹介します!

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan