あなたが緊張する本当の理由

November 16, 2017

・人前で話す時、どうしても緊張してしまう。

 

というような「悩み」をお持ちではありませんか?もしかすると、それは「考え方」1つで解決するかもしれません。そう。あなたが緊張してしまう本当の理由は・・・

 

「見栄」を張っているからです!

 

「え、そんなことないよ!」と怒る前に聞いていただきたい話があります。わたしがある若手マジシャンの演技を見て指導していた時のことです。

 

そのマジシャンは、お客様にマジックを披露しているときは、ずっと緊張しており、焦りが出ていて、お客様がついてこれないような早すぎるテンポでマジックを行っていました。

 

細かな修正点は、たくさんありましたが、本質はこの一言で表せると思いました。

 

「誰のためのマジック?」

 

お客様の前で緊張することがほとんどない「わたし」とその「若手マジシャン」の違いを考えて出た答えがこれでした。まず、わたしがこの若手マジシャンを見て感じたのは、お客様のためではなく、「無意識」に自分のためにマジックを行っていると感じたことでした。

 

そう、無意識なんです。意識的には、そんなことを考えていないつもりで、見栄を張っていないと思っていても、心の奥底では「よく見られたい」「上手く伝えたい」「褒められたい」と思っているのです。だから、「嫌われたらどうしよう?」「上手くいかなったらどうなるだろう?」「失敗してしまった・・・」と余計なことをが頭を埋め尽くし交感神経を過剰に刺激し緊張してしまうのです。

 

これが、「お客様のため」に変わると、最善を尽くすために、「マジックを見て楽しんでもらうこと」が最優先ですから、緊張している暇はありません。だって、お客様の一挙手一投足に目を向け、集中して演技に臨まなければならないからです。

 

これはマジシャンの例ですが、どなたにも当てはまると思います。どうしても緊張してしまうのは、あなたが悪いのではありません!「無意識」がイタズラしているせいなんです。その無意識を制御するために、こう問いかけてください。

 

「これは、誰のため?」

 

この問いかけにしっかり答えておくことで、無意識に見栄を捨てさせることができ、緊張せずに、集中して目の前のことに臨めるはずですよ!!!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan