スマホでは得れない「ただ1つのもの」

October 4, 2017

スマートフォンはとても便利で、手離せないものになっていますよね?

わたしにとっても「なくてはならないもの」です。

ですが、よく耳にしませんか?

「最近の若いヤツは、スマホばかり触ってけしからん!」

本当に、そうでしょうか?以下にスマートフォンで、できることを書いてみます。

「情報の収集」「情報の発信」「ビジネスでの連絡」「プライベートでの連絡」「新たな出会いのための交流」「ものを買う」「ものを売る」「音楽を聴く」「体調の管理」「娯楽」などなど

ハッキリ言いますよ。

「依存」しても仕方ないでしょう!

今まで「別のもの」を使って行っていたことが「スマホ」1台に集約されました。そうすれば、おのずと触れる時間が増えるのは当たり前です。

それを、頭ごなしに否定している人は「時代についてこれなかったこと」をねじ曲げて「若者への嫉妬」にしているだけです。

ただ、わたしは「スマホ」では得れないものがあると思います。

それは「体験」です。

それを理解していない「スマホユーザー」に「若者」も「年寄」もありません!

「スマホ」よって「台無しになってしまうもの」の例をあげてみましょう。

・目の前の「ひと」との会話
・友人と観に来たショー
・食事

わたしも、ひとりのパフォーマーとして、「ショー」を行なっているときに「実感」しています。

・スマホの通知音が止まらない人
・ショーの間に、電話にでる人
・ショーの前から動画を撮ろうと必死な人

これらは、とても「もったいない」と思いませんか?

そもそも「何のために」、会話をしているのでしょうか?食事をしているのでしょうか?ショーを観に来たのでしょうか?

それは「もの」ではなく「こと」に、価値を見出して「新たな経験」へ「投資」するためではないのでしょうか?

もっと簡単に言えば、「今を楽しむ」ためではないですか?

今、まさに目の前で起きていることというのは「スマホ」では手に入らないのです。

「あなた」の「あなた自身」の「貴重な体験」なのです。だから、「目の前」のことをもっと大切にしてほしいのです。数秒でも多く、目を向けて欲しいのです。五感で感じ取ってほしいのです。

「大切なひと」と「大切な時間」を過ごしてほしいのです。

それは、あなたにしか得ることができない「体験」だからです。

最後になりましたが

「スマホ」では得れない「ただ1つのもの」を、手にしてみませんか? 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

【役者デビュー!?マジシャンがレストランを舞台に演技をした話】

November 6, 2018

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

記事カテゴリー
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Instagram Social Icon

Follow me

© 2016 Kohey Tajima

  • Instagramの - グレーサークル
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean

日本大阪府 Osaka,Japan